絶対に自分の目で確認しましょう

錯綜した情報の中で正しいものだけを見つけ出すことは簡単ではありません。
インターネットは情報を収集するには非常に便利なものです。
しかしその情報の見つけ方次第では間違った知識をつけてしまうことにもなりかねません。
企業や公的な機関から発せられる情報ではなく人から発せられる情報には正確性を疑わなくてはなりません。
必ず自分の目で正しい情報を確認しましょう。

 

例えばこんなことがあります。
カードローンからお金を借りるときに勤務先に業者から直接が電話連絡がある在籍確認があります。
返済をするためには収入が必要であり、収入が必要であれば就業していることが必要です。
職が無ければ安定した収入はありません。
勤務先に連絡をしその在籍を確認することがカードローン業者の審査の一つとして行われます。
もちろん勤務先に連絡をするときには業者であることは名乗りません。
担当者が個人名を使って勤務先への在籍確認を行います。

 

しかしどうでしょうか。
個人名で勤務先に電話がかかってくることなど、この携帯電話が普及した現代で多いことではありません。
電話を受け取った従業員がキャッシングをした経験があるのであればその電話が何の電話なのか気がつくかもしれません。
配慮をしてくれるとはいえ勤務先に電話がかかってくるということ自体が気がかりになるのではないでしょうか。

 

インターネットで在籍確認なしを検索するとモビットがヒットします。
消費者金融のモビットです。
最大手とはいえないものの、竹中直人さんが長年のイメージキャラクターを務める古株の消費者金融です。
その安心できる正規の消費者金融のモビットが在籍確認なしとなればどうでしょうか。
金利やサービスの比較は抜きにしてでもモビットを選択する、そんなことになるかもしれません。

 

ところがモビットの公式ホームページでは在籍確認なしという言葉は一切ありません。
現在のホームページ上でもそれを示唆する文面はありません。
それではなぜモビットは在籍確認なし、そんな情報が錯そうしているのでしょうか。

 

実はほんの少し前までのモビットのホームページでは「WEB完結では電話なしのメールのみ」という記載がありました。
これは審査結果の連絡方法についての記述でありましたが、解釈の誤解とは恐ろしいもので、WEB完結という申し込み方法を利用すると勤務先への電話連絡つまりは在籍確認はナシと取られていたようです。
実際にはモビットはいまも昔も在籍確認があります。
どのような申し込み方法であったとしても収入があることを確実にするための在籍を確認しないわけがありません。
就業証明書を提出することで在籍確認とすることもある、といううわさも聞いたことがあるかもしれませんが、これもまたどこのカードローンでも公式ホームページ上に記載しているものではなく交渉しなければならないでしょう。

 

参照:モビットを初めて利用した体験談(5件)

 

他人の情報を鵜呑みにしてしまえばそこに混乱が出てきます。
必ず自分の目で確認しなければなりません。
消費者金融も銀行カードローンも自分の周囲の人からその情報を聞くということはそうそうないでしょう。
お金を借り入れているという事実を周囲の人間に嬉々として話すことはないでしょう。
そのため確実な情報よりも不確かな噂ばかりが耳に入ってくるものです。
正しい情報の裏付けをとりましょう。
正規の公式ホームページからだけでは手に入れられないそのカードローンのデメリットもあります。
実際の利用者にしかわからない不便もあるでしょう。
それらの情報も重要です。
しかしそれらの情報にはほかに抜け道がないのか、それともそれが本当にデメリットになる得るのか、さらにはそもそもその情報は本当なのか、必ず確認しましょう。
うわさを信じてお金を借りることはできません。
自己責任であることは忘れることはできないでしょう。
だからこそ判断力を養うための情報と知識は非常に重要なものになるはずです。